エンタメ

阿部宗教団体どこ?統一教会の幹部だれ?

阿部宗教団体どこ?統一教会の幹部だれ?

 

特定の宗教団体ってどこ?幹部は誰なの?

今回は「阿部宗教団体どこ?統一教会の幹部だれ?」といった内容でお届けします。

7月8日(金)安倍元総理が発砲され、死亡した事件。

逮捕された、山上徹也(やまがみてつや)容疑者は「特定の宗教団体」に恨みがあり、安倍元総理と団体が繋がっていると思い、狙ったと供述しています。

この特定の宗教団体とは何でしょうか?

噂では「統一教会(世界平和統一家庭連合)」ではないかとも言われています。

この記事では

  • 阿部宗教団体どこ?
  • 特定の宗教団体の幹部だれ?

上記を中心に解説していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

阿部宗教団体どこ?

山上容疑者の犯行動機は、特定の宗教団体が関連しているとのことですが、特定の宗教団体は本当に統一教会なのでしょうか。

 

特定の宗教団体は「統一教会」

特定の宗教団体は統一教会」です。

というのも、キリスト教のメディアである『クリスチャントゥデイ(CHRISTIAN TODAY)』が、特定の宗教団体=統一教会だと断言しているからです。

安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者(41)が、警察の調べに対し「特定の宗教団体」への恨みを挙げていることについて、特定の宗教団体とされるのは、世界平和統一家庭連合(旧称:世界基督教統一神霊協会=統一協会)であることが分かった。

また、クリスチャントゥデイの取材では、山上容疑者の母親は、今も統一教会に入信していることも明らかになりました。

2022年7月11日の午後2時から、統一教会(世界平和統一家庭連合)が、山上容疑者の発砲事件を受けて、会見を開きました。

※会見の様子は、09:45秒から始まります。

統一教会は、1954年に韓国のソウルで創設。

日本には1958年に伝えられ、1964年に宗教法人となっています。

 

安倍元総理は統一教会と本当に深い繋がりがあった?

まず初めに、なぜ特定の宗教団体が、統一教会だという噂が飛び交ったのでしょうか。

それは、安倍元総理と統一教会との繋がりが、過去に度々指摘されてきたからです。

exiteニュースに、安倍元総理と統一教会の関係性についての記事が挙げられています。

安倍前首相と統一教会は切ってもきれない親密な関係にあり、安倍前首相の祖父・岸信介が統一教会と政界をつなぐ役割を果たした「国際勝共連合」の設立に関与していたことは有名な話。

さらに、安倍前首相自身も官房長官時代の2006年にはUPFの合同結婚を兼ねた集会に祝電を送ったことが発覚。

全国霊感商法対策弁護士連絡会が「統一教会の活動にお墨付きを与える遺憾な行動だ」として安倍氏に公開質問状を出すなど問題となっている。

安倍元総理の祖父である、岸信介さんの時代から関係性があり、2006年の官房長官時代にもUPFの集会に祝電を送っていたことが明かされています。

UPFとは?

統一教会の開祖である文鮮明と、妻の韓鶴子が創設した組織。

2021年9月には統一教会とUPFが共同で開催したイベントに、オンラインで5分間のビデオメッセージを送っていたことも明らかにされていました。

2019年、日刊ゲンダイも、次のように報道しています。

官房長官時代に統一教会の大規模イベントに祝電を送り、首相就任後も教団幹部を官邸に招待するなどしてきた。

このように、安倍元総理と統一教会の繋がりについて度々報道されてきたため、繋がりがある宗教団体=統一教会ではないかという声が多く生まれたようです。

ただ、確かに繋がりがあったことは事実のようですが、安倍元総理は、本当に統一教会と深い関わりを持っていたのでしょうか

デイリー新潮で、永田町の関係者が以下のようにコメントしています。

安倍元総理の祖父である岸信介元総理の時代から、反共産主義の観点から保守系の勢力との関係が取り沙汰されている宗教団体です。

ただ、安倍元総理自身は、これまで旧統一教会の行事に祝賀メッセージを贈ったことがありますが、あくまでも政治家としての付き合いの範疇に過ぎないのではないかという見方もあります。

安倍元総理に限らず、政治家ならば票につながりそうな団体などにそれなりのリップサービスをするなんてのは別に珍しいことではないのですから。

これが仮に事実であるとするならば、安倍元総理と統一教会が深い関わりを持っていたとは言えないでしょう

調査したところ、過去に、安倍元総理自身が統一教会と蜜月の関係だと語っている事実も見当たりませんでした。

山上容疑者は、思い込みの上で犯行に及んでしまった可能性もありそうです。

 

統一教会の幹部だれ?なぜ山上は恨みを持った?

山上容疑者は、初めは特定の宗教団体の幹部を狙っていたと供述していました。

統一教会の幹部とは誰なのでしょうか。

 

統一教会の幹部は公表されていない

山上容疑者が狙っていたのは、報道によって統一教会の「トップ」もしくは「幹部」とも言われており、どちらなのかは分かっていません。

統一教会の幹部が誰なのかは公表されていませんが、仮にトップを狙っていたとするならば統一教会のトップは「韓鶴子(ハン・ハクチャ)」になります。

 

なぜ山上徹也は統一教会に恨みを持った?

山上徹也容疑者が、統一教会に恨みを持った一番の理由は「家庭が崩壊したこと」にあると思います。

これは現に、山上徹也容疑者が供述していますし、疑いようのない事実ではありますが、調べてみたところ、そんなに単純な話ではないようなんです。

家庭が崩壊した理由は2つあります。

  1. 母親が宗教団体に多額の寄付金を収め、生活が貧しくなった
  2. 山上容疑者が統一教会の分派に所属し、母親と対立の構図になる

山上容疑者は元々は父親、母親、妹の4人で生活をしていましたが、幼い頃に父親が亡くなります。

父親が亡くなった後に、奈良県に住む、祖父の家に家族で移り住むようになりましたが、その祖父も程なくして亡くなってしまいます。

山上容疑者が幼い頃に住んでいた近隣住民の話では、その頃から母親が「宗教に入りたい」と言うようになったそうです。

母親の心境を考えると、立て続けに家族が亡くなってしまったことで、相当憔悴していたことが想像できます。

ここは憶測になりますが、この出来事があった後、母親は統一教会に入会し、多額の寄付金を収めるようになったのではないでしょうか。

(※母親は、祖父の家を売却後、自己破産を行っています)

事件前、山上容疑者はワンルームのマンションに一人暮らしをしていましたが、報道では、生活が貧しくなり一人暮らしをするようになったという話がありました。

母親自身も「今は一人暮らしになってしまった」と寂しそうに話していたそうです。

山上容疑者にとっては、父親、祖父が亡くなった後も、仲睦まじく暮らしていた家族が、とある宗教団体によって突如崩壊してしまった。

そのことが恨みとなり、今回の事件に繋がってしまった可能性が考えられます。

家庭崩壊に繋がったとされる理由がもう一つあり、それが宗教間での対立です

母親は統一教会に所属しており、山上容疑者は、統一教会の分派に入会していたとされています。

報道によれば、山上容疑者は、母親が所属する宗教団体に恨みを持ち始め、その宗教団体と対立するようになったとのこと。

この恨みというのが「生活が貧しくなったこと」が考えられますが、もう一つ、「宗教間の対立」が考えられます。

実は、山上容疑者が所属している分派というのがサンクチュアリ教会なのではと言われています。

サンクチュアリ教会は、統一教会の創設者である文鮮明の7男である、文亨進が創設しました。

統一教会とサンクチュアリ教会は、対立関係にあるとされています。

名前は違いますが、教義は同じで、それぞれが正しいと主張しているといった構図になっています。

あくまで憶測になりますが、ここまでをまとめると

  • 母親が破産し、幸せな家庭が崩壊した恨み
  • 統一教会とサンクチュアリ教会との対立構造の中で生まれた恨み
  • その統一教会と繋がりがあった安倍元総理を狙った

今後、山上容疑者の聴取の過程で、事の経緯が徐々に明るみになると思いますので、続報を待ちたいところです。

 

特定の宗教団体に対する世間の声

 

阿部宗教団体どこ?統一教会の幹部だれ?【まとめ】

ここまで「阿部宗教団体どこ?統一教会の幹部だれ?」といった内容でお届けしてきました。

まとめると

  • 阿部宗教団体どこ? → 統一教会
  • 特定の宗教団体の幹部だれ? → 特定には至っていない

山上容疑者の聴取や統一教会の会見動画から、徐々に真相が明らかにされてきましたね。

動機に関しては、宗教団体が関係しているとは分かっていますが、真相解明にはまだ至っていないのが現状です。

なぜ、このようは犯行に及んでしまったのか、非常に気になる部分ではないでしょうか。

また、何か分かり次第、追記していきたいと思います。