エンタメ

安倍晋三SPはクビで無能?何してた?

安倍晋三SPはクビで無能?何してた?

 

安倍晋三のSPは何してたの?なぜ事件を防げなかったの?

今回は「安倍晋三SPはクビで無能?何してた?」といった内容でお届けします。

2022年7月8日(金)、日本の歴史の中でも類を見ない、衝撃的なニュースが報道されました。

元総理大臣の安倍晋三さんが、奈良県で選挙演説中に手製の拳銃で撃たれるという事件です。

現場には、SP(セキュリティポリス)も同席し、警護にあたっていたようですが、当時の警護の仕方に批判が集まっているようです。

この記事では

  • 安倍晋三のSP何してた?
  • 安倍晋三のSPクビで無能と言われる理由は?

上記を中心に解説していきます。

この記事を読むと、安倍晋三のSPの当時の動きや警護の人数、無能と言われる理由について詳しく知ることができます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は?
反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は? 「反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は?」をお届けします。 反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は? 母親が宗教に...

安倍晋三のSP何してた?

各メディアによると、安部晋三さんにはSPが付いていたと報道があります。

SPは護衛をすることが仕事ですが、事件当時どのような動きをしていたのでしょうか。

 

SPは一人で右前方を護衛していた可能性

安倍晋三さんのSPの人数は一人だったそうです。

(警視庁から派遣されたSPとのこと)

正確な位置関係は、まだ検証中のようですが、下記画像の緑の印の位置にいる方がSPではないかと言われています。

この画像から考えると、安倍晋三さんの右横から右前方を注視しているように思えます。

 

背後がかなり手薄な陣営だった?

犯行は、安倍晋三さんが演説を開始してから約1分後の出来事でした。

犯人の山上徹也容疑者は、安倍晋三さんの背後から、早くもなく遅くもないスピードで近付き、発砲をします。

下記は、発砲当時の映像ですが、丸で囲まれているのが山上徹也容疑者です。

この映像を見る限り、SPは背後を警戒している様子はなく、山上徹也容疑者があっさりと近付くことができていることが分かります。

質問者
質問者
こんなんで守れなくない・・?

SP一人が安倍晋三さんの右側に配置されているだけでは、緊急事態に対処できないのは明白です。

実はSPは一人でしたが、警護にあたっていたのは一人だけではなく、奈良県警の大勢の警察官も警護にあたっていたという報道がありました。

下記画像の番号1、2、3の位置の辺りに黒スーツを着用している方が見えます。

この黒スーツの方たちが。奈良県警の警察官の可能性がありますね。

報道によると黒スーツを着ている方だけでなく、私服警官もいるとのことでした。

人数にすると護衛にあたっていたのは「40人~50人」いたのではないかとも言われています。

報道をまとめると、護衛にあたっていた人数などはこのようになるかと思います。

SPは1人、警察官40人~50人程

  • SP(警視庁から派遣)
  • 黒スーツを着用した奈良県警の警察官
  • 奈良県警の私服警察官

映像で見るよりも、実際には多くの護衛がいた可能性がありますね。

 

安倍晋三SPがクビで無能と言われる理由は?

今回の警護体制は以下。

  • 安倍晋三さんのSPは1人
  • 奈良県警警備部の参事官をトップとするチーム

このような体制で警備にあたっていましたが、SPや奈良県警が無能や役立たず等と言われているようです。

なぜそのように言われているのでしょうか。

 

警護の配置が悪かった

無能と言われている理由の一つは「警護の配置が悪かった」ことではないでしょうか。

SP経験のある警察OBの方が、以下の見解を示していました。

安倍元総理の後ろ側にいた県警の警備が手薄になり、容疑者がすり抜けてきた可能性がある

報道機関によると、警護の配置は以下とされています。

  • SPは、安倍晋三さんの「左側もしくは右側の少し後方」での配置
  • 奈良県警の警察官は、安倍晋三さんの全方位(円形で囲うように)での配置

ただ、先述した画像や映像を見る限りでは、安倍晋三さんの周囲の警護は、前方側に集中しているように見えます。

政治ジャーナリストによると、何かトラブルがある場合、前方の聴衆者の周囲で起こることが多く、前方より後方の方が手薄になりやすいという話がありました。

このことから警護が、聴衆者を意識し過ぎてしまった可能性が挙げられます。

また、今回の犯行は安倍晋三さんが演説を始めてから拳銃で撃たれるまで、およそ1分という非常に短い時間でした。

なので油断をしていた」「警備がしっかりと整う前に事件が起きたといった可能性もあるかもしれませんね。

 

1回目の発砲後の動きが遅かった

無能と言われる2つ目の理由は、「発砲後の警護の遅さ」ではないでしょうか。

山上徹也容疑者は、安倍晋三さんに計2回、拳銃で発砲しています。

1度目の発砲後、2度目の発砲に移る時間は、およそ2~3秒です。

映像からも、2度目の銃声が聞こえるまで数秒の空白があることが分かりますね。

護衛をしている方々と安倍晋三さんの距離は短いように見えますので、2~3秒あれば以下のことができた可能性があります。

  • 犯人の元に向かい、発砲の妨害ができた
  • 安倍晋三さんの元に駆けつけ、守ることができた

違う角度からの映像も見てみましょう。

この映像を見ると、1人の護衛官がカバンを盾に安倍晋三さんを懸命に守ろうとしていたことが分かります。

ただ「やはり、あとちょっとでも早ければ・・」という想いがどうしても生まれてきてしまうのではないでしょうか。

2~3秒というのは短いように感じますが、それはあくまでも一般的な話で、SPや警察官ともなれば、反射的に動くことも可能だったことが想像できます。

映像からはSP(もしくは警察官)が、安倍晋三さんを懸命に守ろうとしている様子が分かるからこそ、余計に悔やんでしまう部分でもありますよね・・。

 

演説をする場所が悪かった

安倍晋三さんが、演説をしていた場所が悪かったという指摘もあります。

演説を行っていた場所を、改めて見てみましょう。

演説を行っていた背後は道路になっていて、良く言えば見晴らしは良いですが、反対に、どの角度からも演説者に近づけるような場所取りとなっていますね。

元公安警察関係者が、次のようにコメントされていました。

場所の許可を出すのは都道府県警察ですから、まずこの場所取りについては奈良県警の責任です。

犯行を捉えた動画を見る限り、安倍さんの前と横には注意が向けられていましたが、後ろは全然カバーできていませんでした。

そもそも、360度カバーするのは大変なので、駅舎を背景にするなどして、警戒する場所を狭めるべきでした。

確かに、建物を背後にすることで、前方の方に警備を集中することができるので、聴衆者を把握しやすく、警護の強化に繋がっていたかもしれません。

 

専属SPが一人しかいなかった

安倍晋三さんを守る専属の「SPが一人しかいなかった」ことも言われています。

確かに、SPが一人という話を聞くと少ないようにも感じますが、現職ではない総理大臣に付くSPは、基本的に一人と言われているそうです。

これはアメリカでも同様で、現職の大統領であればシークレットサービスのSPが10~15人程で警護にあたるそうですが、大統領を退いた後はSPは一人体制であるとのことでした。

今回の事件は、警護人数も気になりますが、どちらかと言うと警護の仕方配置などが焦点とされるかもしれません。

 

安倍晋三SPや奈良県警がクビや無能の世間の声

安倍晋三さんのSPと、奈良県警に対する世間の声です。

無能やクビにしろとも言われているようです。

 

安倍晋三SPに対する世間の声

 

奈良県警に対する世間の声

 

安倍晋三SPはクビで無能?何してた?【まとめ】

ここまで「安倍晋三SPはクビで無能?何してた?」といった内容でお届けしました。

  • 安倍晋三のSP何してた? → 前方を注視していた可能性がある
  • 安倍晋三のSPがクビで無能と言われる理由は? → 警護の仕方や配置、場所撮りが悪かった可能性がある

日本の元総理が亡くなられるという、非常にショッキングな内容が報道されました。

今後の現場検証などで、警護が適切であったのか明らかになってくるかと思いますが、今後の選挙演説の警護の在り方に大きな影響を与える事件になったのではないでしょうか。

また続報が入り次第、追記していきたいと思います。

反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は?
反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は? 「反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は?」をお届けします。 反アベ団体どこ?反アベ団体名や一覧は? 母親が宗教に...